六拍子(読み)ろくびょうし

精選版 日本国語大辞典「六拍子」の解説

ろく‐びょうし ‥ビャウシ【六拍子】

〘名〙
① 音楽で、強・・弱・中強・弱・弱のように強声部が六目ごとに繰り返される拍子。八分の六拍子、四分の六拍子など。
※糸車(1935)〈寺田寅彦〉「シューベルト歌曲『糸車のグレーチヘン』は六拍子であって」
長唄囃子で、小鼓大鼓とで打ちはやす軽快な手法。手踊りなどにぎやかな時に使用。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「六拍子」の解説

ろく‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【六拍子】

音楽で、六つの拍を一つの単位とする拍子。ふつう、第1拍に強声部があり、第4拍が中強のアクセントとなる。
長唄の囃子(はやし)の一。大鼓・小鼓による軽快でにぎやかな鳴り物で、舞踊曲の手踊りの部分などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android