コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六日町温泉 むいかまちおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六日町温泉
むいかまちおんせん

新潟県南東部,南魚沼市にある温泉。魚野川に沿う水田の中に,1957年天然ガス試掘中に湧出。泉質は食塩泉。泉温は 54℃。市街地東部に,ヘルスセンターもでき観光的要素の強い坂戸地区と,西部の八箇峠山麓の保養向きの西山地区とに分かれている。国民保養温泉地に指定。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕六日町温泉(むいかまちおんせん)


新潟県南部、信濃(しなの)川支流の魚野(うおの)川中流沿いにわく国民保養温泉。昭和30年代に開発された新興の温泉地で、魚野川東岸の坂戸(さかど)地区を中心に市街地や西山(にしやま)地区に旅館・ホテルがある。スキー・登山基地として発展。温泉街裏手の坂戸城址(さかどじょうし)は南北朝時代の山城の遺構。ナトリウム‐塩化物泉。泉温62.3℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六日町温泉
むいかまちおんせん

新潟県南東部、南魚沼(みなみうおぬま)市にある温泉。1957年(昭和32)天然ガス井戸を試掘中、豊富な温泉に掘り当たり、以来温泉開発が急速に進んだ。現在は魚沼丘陵東麓(とうろく)の西山温泉と、坂戸(さかど)城跡西麓の東山温泉の二つの温泉街を総称して六日町温泉とよんでいる。泉質は塩化物泉で、国民保養温泉地に指定されている。JR上越線六日町駅下車。近くにミナミスキー場をはじめとするスキー場があり、坂戸城跡は国指定史跡。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

六日町温泉の関連キーワード新潟県南魚沼市南魚沼(市)六日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六日町温泉の関連情報