コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六日町 むいかまち

3件 の用語解説(六日町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六日町
むいかまち

新潟県南東部、南魚沼(みなみうおぬま)郡にあった旧町名。現在は南魚沼市の中央部を占める地区。1900年(明治33)町制施行。1956年(昭和31)五十沢(いかざわ)、城内(じょうない)、大巻(おおまき)の3村と合併。2004年(平成16)大和(やまと)町と合併し、市制施行、南魚沼市となる。旧町域は、東南部を群馬県と接し、魚野(うおの)川が南北に流れる。六日町盆地の中心都市。JR上越線、北越急行、国道17号、253号、291号が通じ、関越自動車道の六日町インターチェンジがある。中世上田庄(うえだのしょう)の中心で、戦国時代は長尾氏の居城坂戸(さかど)城が置かれ、城下町として発展し、名称もその山城(やまじろ)城下町の市(いち)に由来する。三国(みくに)街道と清水(しみず)街道の分岐点にあたり、近世は三国街道の宿場町として栄え、六日町組の大割元も置かれた。また、魚野川河川交通の終点河岸(かし)場として重きをなした。現在は電気器具、一般機械などの工場が多く、商工都市に発展している。坂戸城跡は国指定史跡。越後三山只見(えちごさんざんただみ)国定公園の入口で、六日町温泉に近いスキー場として観光開発にも力が注がれている。[山崎久雄]
『『六日町誌』(1976・六日町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六日町の関連キーワード十日町市六日十日町六日限六日垂れ六日の菖蒲むいかいち温泉六日町[温泉]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六日町の関連情報