コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山温泉 ひがしやまおんせん

5件 の用語解説(東山温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山温泉
ひがしやまおんせん

福島県西部,会津若松市の中央部にある温泉。古くから上山温泉湯野浜温泉とともに東北地方の名湯といわれた。泉源は羽黒山の南西麓の谷底にある。泉質は食塩泉,硫酸塩泉。泉温 40~60℃。付近には雨降滝,屏風岩,湯上神社などの名所や景勝地がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひがしやまおんせん【東山温泉】

福島県会津若松市東部、湯川渓谷にある温泉。食塩泉。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕東山温泉(ひがしやまおんせん)


福島県会津若松(あいづわかまつ)市の南部にわく行楽向きの温泉。湯()川の渓流沿いに温泉街を形成。奈良時代、僧行基(ぎょうき)が発見したと伝える名湯。東側の背炙(せあぶり)山一帯は自然休養林で猪苗代(いなわしろ)湖・磐梯(ばんだい)山の眺めがよい。冬季にはスキー場も開設。湯川の上流1kmに雨降(あめふりの)滝がある。カルシウムナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温61℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東山温泉
ひがしやまおんせん

福島県中央部、会津若松市にある温泉。湯川(ゆかわ)渓谷に沿って温泉街が形成され、会津観光の基地となっている。泉質は塩化物泉。天平(てんぴょう)年間(729~749)に僧行基(ぎょうき)が発見したと伝えられ、古くは天寧(てんねい)寺の湯とよばれた。会津藩政時代には遊里として京都の東山になぞらえられてにぎわった。現在は源泉を開発し、湯量の確保を図っている。JR磐越西線会津若松駅からバスの便がある。[原田 榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東山温泉の関連情報