共同運航(読み)キョウドウウンコウ

  • cord share
  • きょうどううんこう〔ウンカウ〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

対象便には「スターフライヤー72便・全日空3872便」など、それぞれの社の便名(コード)がつけられる。「コードシェア」とも呼ばれる。全日空はスター社のほか、スカイネットアジア航空(SNA、宮崎市)、北海道国際航空(エア・ドゥ、札幌市)とも実施している。

(2007-06-01 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

提携した複数の航空会社が、同じ航空機にそれぞれの企業の便名をつけ、座席を分け合って運航する形態。コードシェアともいう。航空会社にとっては効率的に路線や便数を増やすことができ、利用率の向上にもつながる。乗客にとっても、乗り継ぎがある場合に同一便を利用すればよりスムーズに移動できる。たとえば日本航空はアメリカン航空、エールフランス航空、フィンランド航空などと、全日本空輸はユナイテッド航空、エア・カナダ、ルフトハンザドイツ航空などとそれぞれ共同運航で提携している。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同運航の関連情報