コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共益権 キョウエキケン

大辞林 第三版の解説

きょうえきけん【共益権】

団体の構成員が有する権利のうち、全構成員の共通の利益のために認められる権利。議決権など。 ⇔ 自益権

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の共益権の言及

【株主】より


【株主の権利】
 株主は,株式会社の社員としての地位において,会社に対して各種の権利を有するが,それらは種々の基準によりつぎのように分類されている。
[自益権・共益権]
 自益権とは,利益配当請求権と残余財産分配請求権を中心として,そのほか,利息配当請求権,株式買取請求権等のように,株主が会社から経済的利益を受ける権利である。共益権とは,株主総会での議決権を中心とし,そのほか,各種の監督是正権のように,株主が会社の管理運営に参加することを目的とする権利である。…

【社員】より

…社員は社団の構成員であるから,社団に対し種々の権利を有し義務を負う。社員の権利は,一般に自益権と共益権の2種類に分けられる。自益権は,社員が社団から経済的利益を受けることを目的とする権利で,会社のような営利法人における利益配当請求権,公益法人における社団の設備を利用する権利などである。…

※「共益権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

共益権の関連キーワード農業協同組合株主提案権少数株主権単位株制度単独株主権利益供与株式公開総会屋株式社員社債

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android