兵庫奉行(読み)ひょうごぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兵庫奉行
ひょうごぶぎょう

江戸幕府の職名。老中支配の遠国奉行の一つで,旗本が任じられた。元治1 (1864) 年兵庫開港に際し,外国貿易,市中取締りのため設けられたが,開港中止のため,翌年廃止されたが,慶応3 (67) 年開港のため再び設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうごぶぎょう【兵庫奉行】

江戸幕府遠国奉行の一。兵庫におかれ、主として外国貿易をつかさどった。1864年設置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょうご‐ぶぎょう ヒャウゴブギャウ【兵庫奉行】

〘名〙 江戸幕府の遠国奉行の一つ。摂津国兵庫(兵庫県神戸市)に駐在し、主として外国貿易に関する事務をつかさどった。堺奉行次席に班し、芙蓉の間詰とし、高千石に、役料は初め現米六百石であったが、慶応三年(一八六七)九月以後は役高を廃止し、金三千両を給せられた。元治元年(一八六四)一一月に初めて置き、慶応元年(一八六五)一一月兵庫の開港を止めた時に一時廃されたが、同三年六月再び開港に及んでまた置いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android