コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堺奉行 さかいぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堺奉行
さかいぶぎょう

江戸幕府の職名遠国奉行の一つ。町政を司り,港湾を管理した。堺にはもと堺政所 (まんどころ) があって代官が政治を行なっていたが,幕府が元和4 (1618) 年堺を直轄領にして堺奉行と改めた。元禄9 (96) 年に一時廃止されたが,すぐに再興され幕末まで存続した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

堺奉行【さかいぶぎょう】

江戸幕府の遠国(おんごく)奉行の一つ。織田信長が1570年堺政所を置いたのが初め。豊臣秀吉も堺と河内(かわち)・和泉(いずみ)の直轄地を支配させた。江戸幕府もこれを継承,17世紀前期に堺奉行と改称

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さかいぶぎょう【堺奉行】

近世,堺に置かれた江戸幕府の遠国(おんごく)奉行の一つ。堺政所ともいう。織田信長は堺の町を屈伏させた後,松井友閑を政所に任じ,豊臣秀吉も石田三成ら腹心の吏僚を任じ,堺および河内,和泉の直轄地を支配させた。徳川家康もこの政策を継承し,1600年(慶長5)米津(よねきづ)親勝と成瀬正成を任じた。大坂を幕府直轄地とした17世紀前期には喜多見勝忠が摂河泉の奉行を兼ね,17世紀中期の石河(いしこ)勝正・利正父子は畿内の幕領支配に大きな権限を有する国奉行でもあり,支配国は和泉であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さかいぶぎょう【堺奉行】

江戸幕府の職名の一。堺の市政・訴訟・港湾に関する一切の事務をつかさどった。堺検断。堺代官。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堺奉行
さかいぶぎょう

和泉(いずみ)国堺(大阪府堺市)に置かれた江戸幕府遠国(おんごく)奉行の一つ。老中(ろうじゅう)の支配下にあって、原則として知行高(ちぎょうだか)1000石以上3000石以下の旗本のなかから選任された。任期は定まらず、下僚として与力(よりき)10騎、同心50人がいた。1600年(慶長5)成瀬正成(なるせまさなり)、米津清右衛門(よねきつせいえもん)両人が堺政所(まんどころ)に補せられたのに始まる。定員は1名であるが、1696年(元禄9)に一時廃止され大坂町奉行が兼務したが、1702年に再置、以後幕末まで続いた。奉行屋敷は、車之町山口筋と殿馬場(とのばば)との間にあった。職務は堺南北両郷の一般民政のほか、廻米(かいまい)、消防、警察、糸割符(いとわっぷ)、株仲間(かぶなかま)、河川、寺社などを管掌した。あわせて当初には和泉一国をも支配した。[藪田 貫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

堺奉行の関連キーワード大阪府堺市堺区櫛屋町東風間六右衛門尉田中治兵衛大坂町奉行布屋次兵衛土井忠兵衛長谷川藤広浅野長恒堺(市)宮子義積三枝斐子矢部定謙上条良材坂部明之近藤魯渓小西隆佐稲垣重氏川村修就仙石政寅岸紹易

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堺奉行の関連情報