コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

具足屋宗専 ぐそくや そうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

具足屋宗専 ぐそくや-そうせん

1599-1689 江戸時代前期の商人,茶人。
慶長4年生まれ。具足屋祐専の子。堺の人。叔父祐春から具足屋4代目をつぐ。姓を高木と称し,両替商,米問屋をいとなむ。茶の湯をこのみ,のちの大徳寺住持清巌宗渭(せいがん-そうい)とまじわった。元禄(げんろく)2年6月25日死去。91歳。通称は治兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

具足屋宗専の関連キーワードマーストンナンダ・バインマーストンガリレイ(年譜)一尾伊織辻忠兵衛幸阿弥家トルコ文学インノケンティウスクルムス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android