具足屋宗専(読み)ぐそくや そうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

具足屋宗専 ぐそくや-そうせん

1599-1689 江戸時代前期の商人,茶人。
慶長4年生まれ。具足屋祐専の子。堺の人。叔父祐春から具足屋4代目をつぐ。姓を高木と称し,両替商,米問屋をいとなむ。茶の湯をこのみ,のちの大徳寺住持清巌宗渭(せいがん-そうい)とまじわった。元禄(げんろく)2年6月25日死去。91歳。通称は治兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android