コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼友西園 かねとも せいえん

2件 の用語解説(兼友西園の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼友西園 かねとも-せいえん

1819*-1895 江戸後期-明治時代の尺八奏者。
文政元年12月17日生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松普大寺の玉堂梅山にまなび,西園流をひらく。門下に樋口対山らがいる。明治28年3月20日死去。78歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は盛延。通称は弥三左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

兼友西園

没年:明治28.3.21(1895)
生年:文政1.12.17(1819.1.12)
江戸後期・明治期の普化尺八西園流の流祖。西園の流名は,幼名の盛延を音読みしたもの。本名は弥三左衛門。商家(砥屋)の出。江戸から明治に時代がかわり,それまで幕府から唯一尺八を許されていた普化宗が廃止になるという激動期を生きた。浜松普大寺最後の貫主,玉堂梅山に師事し,同寺の遺曲11曲を伝えるとともに,尺八による外曲(地歌箏曲)の手付けにも腐心し,「外曲の西園流」といわれる地盤を築いた。同流の宗家は,世襲によらず,弟子が代々「西園」の名を継ぎ,平成の5代目に至っている。門下に,鈴木孝道(樋口対山)がいる。20日没とも。

(志村哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兼友西園の関連キーワード普化明暗流荒木古童黒沢琴古虚空鈴慕流祖黒沢琴古(初代)黒沢琴古(2代)樋口対山吉田一調

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone