コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼友西園 かねとも せいえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼友西園 かねとも-せいえん

1819*-1895 江戸後期-明治時代の尺八奏者。
文政元年12月17日生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松普大寺の玉堂梅山にまなび,西園流をひらく。門下樋口対山らがいる。明治28年3月20日死去。78歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は盛延。通称は弥三左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

兼友西園

没年:明治28.3.21(1895)
生年:文政1.12.17(1819.1.12)
江戸後期・明治期の普化尺八西園流の流祖。西園の流名は,幼名の盛延を音読みしたもの。本名は弥三左衛門。商家(砥屋)の出。江戸から明治に時代がかわり,それまで幕府から唯一尺八を許されていた普化宗が廃止になるという激動期を生きた。浜松普大寺最後の貫主,玉堂梅山に師事し,同寺の遺曲11曲を伝えるとともに,尺八による外曲(地歌箏曲)の手付けにも腐心し,「外曲の西園流」といわれる地盤を築いた。同流の宗家は,世襲によらず,弟子が代々「西園」の名を継ぎ,平成の5代目に至っている。門下に,鈴木孝道(樋口対山)がいる。20日没とも。

(志村哲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

兼友西園の関連キーワード樋口 対山明治時代村瀬竹翁没年

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android