コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼覧王 かねみおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼覧王 かねみおう

?-932 平安時代前期-中期,惟喬(これたか)親王の王子。
文徳天皇の孫。神祇(じんぎ)伯,弾正大弼(だんじょうのだいひつ)などをへて,延長3年宮内卿(きょう)となる。和歌にすぐれ「古今和歌集」「後撰和歌集」におさめられている。承平(じょうへい)2年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

兼覧王の関連キーワードムクタディル銭鏐フェルナン・ゴンサレス行政評価田村市都路藤原定方ブワイフ朝ブワイフ朝亜麻仁油富津埋立記念館

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone