コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内ケ島氏理 うちがしま うじまさ

2件 の用語解説(内ケ島氏理の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内ケ島氏理 うちがしま-うじまさ

?-1586* 戦国-織豊時代の武将。
飛騨(ひだ)(岐阜県)白川郷帰雲城主。天正(てんしょう)13年豊臣秀吉の家臣金森長近に攻められ降伏してゆるされたが,同年11月29日の大地震で城が埋没し死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

内ケ島氏理

没年:天正13.11.29(1586.1.18)
生年:生年不詳
戦国・安土桃山時代の武将。飛騨国白川郷(岐阜県大野郡)を領し,帰雲城に拠る。天正13(1585)年8月,羽柴(豊臣)秀吉の部将金森長近が飛騨に侵攻した際,降伏して赦されたが,同年11月29日の大地震による土砂崩れで帰雲城が埋没,城と共に没した。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内ケ島氏理の関連キーワード池田秀雄道恵文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代日本史塙団右衛門横目付姉小路尹綱

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone