コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内ケ島氏理 うちがしま うじまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内ケ島氏理 うちがしま-うじまさ

?-1586* 戦国-織豊時代の武将。
飛騨(ひだ)(岐阜県)白川郷帰雲城主。天正(てんしょう)13年豊臣秀吉の家臣金森長近に攻められ降伏してゆるされたが,同年11月29日の大地震で城が埋没し死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

内ケ島氏理

没年:天正13.11.29(1586.1.18)
生年:生年不詳
戦国・安土桃山時代の武将。飛騨国白川郷(岐阜県大野郡)を領し,帰雲城に拠る。天正13(1585)年8月,羽柴(豊臣)秀吉の部将金森長近が飛騨に侵攻した際,降伏して赦されたが,同年11月29日の大地震による土砂崩れで帰雲城が埋没,城と共に没した。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

内ケ島氏理の関連キーワード織豊時代没年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android