コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤杏圃 ないとう きょうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤杏圃 ないとう-きょうほ

1852-1904 明治時代の日本画家。
嘉永(かえい)5年生まれ。中川梅縁(ばいえん),福田半香(はんこう)にまなび,一家をなす。書もよくし静岡県庁で辞令や文書の揮毫(きごう)をした。明治37年7月死去。53歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本姓は永田。名は敬典。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内藤杏圃の関連キーワード新間雲屏