コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤泰子 ないとう やすこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤泰子 ないとう-やすこ

1932-1982 昭和時代後期の女性。
昭和7年生まれ。昭和30年カンボジアの駐日大使館員ソー=タンランと結婚。43年帰国する夫とカンボジアにわたるが,政変によりポル=ポト軍に追われ夫と2児をうしなう。54年ベトナム軍にすくわれ,帰国して戦争の惨禍をうったえた。昭和57年8月30日死去。50歳。東京出身。著作に「カンボジア わが愛」。
【格言など】一日千秋の思いで帰国できる日を待っています(日本へ帰る希望を手紙に託して)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内藤泰子の関連キーワードカンボジア

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android