円らか(読み)ツヅラカ

デジタル大辞泉の解説

つづら‐か【円らか】

[形動ナリ]驚いたり恐れたりして、目を丸くするさま。
「そこに目も―なる小法師にてついゐさせ給へるものか」〈栄花・花山尋ぬる中納言〉

つぶ‐らか【円らか】

[形動][文][ナリ]まるいさま。また、まるくて、かわいらしいさま。
「目を―にして口をつぐむ」〈鏡花婦系図

まろ‐らか【円らか】

[形動ナリ]まるまるとしているさま。まろやか。
「腕(かひな)をさし出でたるが―にをかしげなるほども」〈宿木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つづらか【円らか】

( 形動ナリ )
目を大きくみはるさま。 「そこに目も-なる小法師にて/栄花 花山

つぶらか【円らか】

( 形動ナリ )
まるいさま。つぶら。 「いと-に白く肥え給へり/宇津保 国譲下

まろらか【円らか】

( 形動ナリ )
まろやか。 「腕かいなをさし出でたるが、-にをかしげなる程も/源氏 宿木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android