コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円らか ツヅラカ

デジタル大辞泉の解説

つづら‐か【円らか】

[形動ナリ]驚いたり恐れたりして、目を丸くするさま。
「そこに目も―なる小法師にてついゐさせ給へるものか」〈栄花・花山尋ぬる中納言

つぶ‐らか【円らか】

[形動][文][ナリ]まるいさま。また、まるくて、かわいらしいさま。
「目を―にして口をつぐむ」〈鏡花婦系図

まろ‐らか【円らか】

[形動ナリ]まるまるとしているさま。まろやか。
「腕(かひな)をさし出でたるが―にをかしげなるほども」〈・宿木〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つづらか【円らか】

( 形動ナリ )
目を大きくみはるさま。 「そこに目も-なる小法師にて/栄花 花山

つぶらか【円らか】

( 形動ナリ )
まるいさま。つぶら。 「いと-に白く肥え給へり/宇津保 国譲下

まろらか【円らか】

( 形動ナリ )
まろやか。 「腕かいなをさし出でたるが、-にをかしげなる程も/源氏 宿木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone