コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円一(2) えんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円一(2) えんいち

1848-1868 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
嘉永(かえい)元年生まれ。越後(えちご)(新潟県)寺泊(てらどまり)の真宗仏光寺派聖徳寺の僧。慶応4年京都で奥羽鎮撫副総督沢為量(ためかず)の知遇をえて戊辰(ぼしん)戦争に従軍。長門(ながと)(山口県)の桂太郎の隊にはいり,出羽(でわ)角間川(秋田県)で同年8月14日戦死。21歳。俗姓は窪沢。通称は大内蔵。変名は野崎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円一(2)の関連キーワード尊攘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円一(2)の関連情報