コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺泊 てらどまり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺泊
てらどまり

新潟県中部,長岡市北部にある旧町域。日本海に面する。1889年町制。1957年大河津村の一部を編入。2006年長岡市に編入。新信濃川大河津分水路)を挟んで弥彦山山麓の野積から西山丘陵北端一帯を占める。中心集落は狭い海岸通りに沿った細長い街村で,『延喜式』にも記された古くからの宿駅北陸街道の宿場町として知られ,佐渡島に渡る船津,西回り航路の港町としても発達した。宮大工や杜氏などの出身地としても知られる。寺泊海岸海水浴場,鉱泉,弥彦山スカイライン,越後七浦シーサイドライン,水族博物館などがあり,順徳天皇日蓮ゆかりの旧跡がある。野積にある西生寺には弘智法印即身仏(鎌倉時代)が安置され,古来霊場として著名。北部は佐渡弥彦米山国定公園に属する。佐渡市赤泊地区との間にフェリー航路がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てらどまり【寺泊】

新潟県中部、長岡市の地名。旧町名。日本海に面し、漁業が盛ん。もと北陸街道の宿駅、古くは佐渡へ渡る重要な港として栄えた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てらどまり【寺泊】

新潟県中部、長岡市の地名。新信濃川河口にある漁業の町。古くは北陸街道の宿駅、佐渡への渡津として繁栄した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寺泊
てらどまり

新潟県中部、三島(さんとう)郡の日本海岸にあった港町の旧町名(寺泊町(まち))。現在は長岡(ながおか)市の北部を占める地域。旧寺泊町は1889年(明治22)町制施行。1901年北西越(きたにしごし)、西山、潟(かた)、野積(のづみ)の4村と合併。2006年(平成18)長岡市に編入。旧町域中心街の寺泊は新信濃(しなの)川の河口付近に位置し、古代は『延喜式(えんぎしき)』に「伊神(くがみ)二疋(ひき)・渡戸(わたべ)船二隻」とみえる伝馬の置かれた北陸街道の宿駅で、平安時代に国分寺の尼法光が設けた布施屋(ふせや)(無料宿泊所)があったところから寺泊の地名がおきたという。中世、佐渡への流人渡津(るにんとしん)港として重きをなし、近世は西廻(にしまわり)航路の寄港地とし千石船の出入りする大間(かみのま)と、漁船の船だまりである下間(しものま)に分かれ、宿場町、漁師町として栄えた。現在、海岸の旧道は浜通りにかわり、国道402号が海側を走る。JR越後(えちご)線、国道116号は内陸側で大河津(おおこうづ)分水路を横切る。港は佐渡の赤泊(あかどまり)港との定期船が発着する。新信濃川分水の堆積(たいせき)による広い砂浜海岸ができ、浜には海水浴場があり、浜茶屋街でにぎわう。野積はかつては網元漁師町で、野積杜氏(とうじ)の出身地として知られたが、現在は海水浴場にかわっている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寺泊の関連キーワード新潟県長岡市寺泊花立寺泊水族博物館久須美 秀三郎頸城油・ガス田頸城油・ガス田トキ分散飼育新潟県長岡市佐野孫右衛門ニシキベラ円一(2)本間精一郎寺泊[町]柳下 とみ米山(山)東頸城丘陵赤神 良譲佐渡(市)赤泊[村]好色一代男寺泊おけさ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺泊の関連情報