コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円匙 エンシ

5件 の用語解説(円匙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えん‐し〔ヱン‐〕【円×匙】

小型のシャベル
[補説]「えんぴ」は誤読。

えん‐ぴ〔ヱン‐〕【円×匙】

《「えんし」の誤読から》土を掘る道具の一。小型のシャベル。旧軍隊で使用。

シャベル(shovel)

土砂・石炭・雪などをすくったり掘り起こしたりするのに用いる、さじ状の道具。ショベル。→スコップ
[補説]東日本では大型のものをスコップ、小型のものをシャベルといい、逆に西日本では大型のものをシャベル、小型のものをスコップということが多い。JIS規格では、上部が平らで、土を掘るとき足をかけられるものをショベル(シャベル)とし、上部がなだらかな曲線状のものをスコップとしている。また、土を掘りやすくするために先が尖っていているものをシャベル、雪かきをするための先がまっすぐなものをスコップと区別する場合もある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone