コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円匙 エンシ

デジタル大辞泉の解説

えん‐し〔ヱン‐〕【円×匙】

小型のシャベル
[補説]「えんぴ」は誤読

えん‐ぴ〔ヱン‐〕【円×匙】

《「えんし」の誤読から》土を掘る道具の一。小型のシャベル。旧軍隊で使用。

シャベル(shovel)

土砂・石炭・雪などをすくったり掘り起こしたりするのに用いる、さじ状の道具。ショベル。→スコップ
[補説]東日本では大型のものをスコップ、小型のものをシャベルといい、逆に西日本では大型のものをシャベル、小型のものをスコップということが多い。JIS規格では、上部が平らで、土を掘るとき足をかけられるものをショベル(シャベル)とし、上部がなだらかな曲線状のものをスコップとしている。また、土を掘りやすくするために先が尖っていているものをシャベル、雪かきをするための先がまっすぐなものをスコップと区別する場合もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんし【円匙】

えんぴ【円匙】

〔「えんし(円匙)」の誤読から〕
野営用のシャベル。主に旧軍隊で使われた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android