コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉弾(読み)ニクダン

デジタル大辞泉の解説

にく‐だん【肉弾】

兵士が弾丸の代わりとして敵陣に突入すること。
[補説]日露戦争を描いた桜井忠温の戦記文学「肉弾」からできた語。

にくだん【肉弾】[書名]

桜井忠温の戦記小説。日露戦争での実体験をもとに書かれたもの。明治39年(1906)刊行。昭和43年(1968)、岡本喜八監督・脚本により映画化。出演、寺田農、大谷直子ほか。第23回毎日映画コンクール監督賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

肉弾

1968年公開の日本映画。監督・脚本:岡本喜八、音楽:佐藤勝、美術:阿久根巖。出演:寺田農、大谷直子、天本英世、笠智衆北林谷栄、春川ますみほか。第23回毎日映画コンクール監督賞、音楽賞、美術賞、男優主演賞(寺田農)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

にくだん【肉弾】

〔桜井忠温ただよしの戦記文学の題名からできた語〕
肉体を弾丸として、敵陣に突入すること。 「奮ふるつて-となつて敵塁を撃つた/肉弾 忠温

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肉弾の関連情報