コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉弾 ニクダン

デジタル大辞泉の解説

にく‐だん【肉弾】

兵士が弾丸の代わりとして敵陣に突入すること。
[補説]日露戦争を描いた桜井忠温の戦記文学「肉弾」からできた語。

にくだん【肉弾】[書名]

桜井忠温の戦記小説。日露戦争での実体験をもとに書かれたもの。明治39年(1906)刊行。昭和43年(1968)、岡本喜八監督・脚本により映画化。出演、寺田農、大谷直子ほか。第23回毎日映画コンクール監督賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

肉弾

1968年公開の日本映画。監督・脚本:岡本喜八、音楽:佐藤勝、美術:阿久根巖。出演:寺田農、大谷直子、天本英世、笠智衆、北林谷栄春川ますみほか。第23回毎日映画コンクール監督賞、音楽賞、美術賞、男優主演賞(寺田農)受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

にくだん【肉弾】

〔桜井忠温ただよしの戦記文学の題名からできた語〕
肉体を弾丸として、敵陣に突入すること。 「奮ふるつて-となつて敵塁を撃つた/肉弾 忠温

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肉弾の関連情報