コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円猷 えんゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円猷 えんゆう

1694-1753 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)7年1月22日生まれ。貞致(さだゆき)親王の王子。宝永7年伊勢(いせ)(三重県)の真宗高田派の本山専修寺住職をつぐ。下野(しもつけ)(栃木県)の専修寺にあった親鸞(しんらん)ゆかりの三尊仏享保(きょうほう)14年本山ではじめて開帳した。宝暦3年1月2日死去。60歳。幼称は勝宮。号は如笑,桃塢など。諡号(しごう)は歓喜心院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

円猷の関連キーワード常子女王

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android