コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円頭 エントウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐とう〔ヱン‐〕【円頭】

髪を剃り落とした頭。僧侶の頭。
葉の先の形が丸みを帯び、裂けたりしていないもの。
古代の太刀の一種で、柄頭稜角がなく、側面から見ると丸いもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんとう【円頭】

髪を剃り落とした、丸い頭。僧の頭。
頭部の丸いこと。 「 -の大刀たち
刀剣の、棟が丸みをもったもの。丸棟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

円頭の関連キーワードヤマドリゼンマイ(山鳥薇)ミツバツチグリ(三葉土栗)ヤブタビラコ(藪田平子)ハナネコノメ(花猫の目)ユウコクラン(幽谷蘭)ワレモコウ(吾木香)ホンダワラ(馬尾藻)ムロウテンナンショウ鳥取藩主池田家墓所ムラービト朝美術上塩冶築山古墳スガモ(菅藻)ユビノウトサカフィロセラス岡田山1号墳チャセンシダオオシラビソホングウシダウラジロモミ岡田山古墳

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円頭の関連情報