コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古刀 ことう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古刀
ことう

日本刀剣史上,奈良時代以前の平造 (ひらづくり) および切刃造直刀上古刀,平安時代以降,桃山時代以前の鎬造 (しのぎづくり) を主とした彎刀を古という。 (→ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐とう〔‐タウ〕【古刀】

古い刀剣。
特に、慶長年間(1596~1615)以前に作られた刀剣の称。→新刀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

古刀【ことう】

刀剣史上慶長(1596年―1615年)以前,すなわち16世紀以前の作をさす。古刀,新刀を区別する理由は種々あるが,おもに刀工の分布状態や作風が慶長を境に異なることがあげられる。
→関連項目刀鍛冶日本刀備前物村正

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ことう【古刀】

古い刀剣。
日本刀の時代区分の一。新刀に対応する名称。平安中期の日本刀(彎刀)完成期から安土桃山時代までの作刀をいい、時代色・地方色が著しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古刀の言及

【日本刀】より

…この時代の刀工たちも新興武士の好みに応じた〈力〉を感じさせる作品を作るようになり,鎌倉時代につぐ盛況を呈した。これ以後,すなわち17世紀以降のものを〈新刀〉といい,それ以前のものはすべて〈古刀〉と呼んで区別することになっている。また刀工は京都や大坂などの大都市や,江戸,名古屋,仙台,金沢,会津,広島,福岡,佐賀などの大城下町に群居するようになった。…

※「古刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古刀の関連キーワード国助(1)(2代)神宮寺山古墳安土桃山時代林原 一郎本間 順治土屋温直永山光幹鎌田魚妙長船長光小野光敬青竜刀長船物正秀安綱作刀吉光古身盛光

古刀の関連情報