コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下作 ゲサク

デジタル大辞泉の解説

げ‐さく【下作】

[名・形動]
出来の悪い作品。⇔上作
品が悪いこと。また、そのさま。下品(げひん)。「下作な話」

した‐さく【下作】

小作(こさく)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げさく【下作】

( 名 )
中世、名主・作人の下に属して小作すること。
( 名 ・形動ナリ )
下等な作品。できの悪い作品。 ↔ 上作
品が悪い・こと(さま)。下品。 「随分-なる形なりにて/歌舞伎・韓人漢文」

したさく【下作】

( 名 ) スル
小作こさく 」に同じ。 「此藁葺わらぶきは忠三郎とて-あてた小百姓/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の下作の言及

【下作人】より

…田畠の直接耕作者で,その土地の上級得分収取権者である本所・名主・作人(作職所有者)に対し,それぞれ年貢・加地子(名主得分)・作徳(作職得分)を負担する立場にあった農民のこと。彼がその田畠に対して持つ関係は下作職(げさくしき)と表現され,通常これはすぐ上級の所職である作職の所有者からあてがわれるもので,下作人はこれに対して地子の上納と,それを怠った場合はいつ所職を取り上げられてもいたしかたない旨を誓約した下作職請文(うけぶみ)を提出した。1492年(明応1)の弥三郎下作職請文は,彼が真光院領の下地1反の下作を請け負った際のものであるが,これには〈右くだんの御下地は,望み申すにつき候てあづけ下さるる処に候。…

【小作制度】より

…また小農生産力の上昇は手作大経営を縮小させ,その分を小作に出して,いわゆる第2次名田小作の形態を発生させた。【安孫子 麟】
[近世小作制度の諸相]
 近世の小作については最も体系化された地方書である《地方(じかた)凡例録》では,〈自分所持の田畑を居村・他村たりとも他の百姓へ預け作らせ,又は田畑を質地に取り,元地主にても別人にても小作させ,年貢の外に余米又は入米などゝと云て,壱反に何程と作徳を極め作らするを云,元来は佃と云ものなれども,世俗小作と唱へ来る〉と述べており,預作,下作,掟作,請作,卸作,掛け放ちなどとも呼ばれた。小作地の大部分は田畑であるが,屋敷地,山林などの地目も対象となり,一部の地域では牛馬などの家畜も小作の対象となっている。…

※「下作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下作の関連キーワードEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)バソアクティブ腸管ペプチド川崎市の保育園民営化パルミトオレイン酸職(所有の形態)ニューロテンシン機能性食用油脂フラボノイドフェノバリンエリタデニンウィンゲートブラジキニンヒスタミンレセルピン二型糖尿病リノール酸カギカズラ血管拡張薬アルギン酸

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android