写真凸版(読み)しゃしんとっぱん(英語表記)photoengraving

翻訳|photoengraving

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真凸版
しゃしんとっぱん
photoengraving

写真製版によってつくられた凸版。種類としては,線画凸版,網目凸版,ハイライト版,写真版原色版などがあり,さらに材料別にみると,亜鉛凸版,マグネシウム版,真鍮板,銅凸版などがある。感光性樹脂を応用した凸版の普及は著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃしんとっぱん【写真凸版】

写真製版によって製版した凸版。絵柄によって線画凸版と網目凸版(網版)に、また版材によって亜鉛凸版・銅凸版などに区別される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃしん‐とっぱん【写真凸版】

〘名〙 写真版の一つ。亜鉛板などに感光材を塗布し、これに影像を焼き付け、酸で腐食させて作る凸版。線図の印刷に適する。亜鉛版のものを写真亜鉛版、銅版のものを写真銅版という。〔印刷の知識(1950)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android