コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冥婚 めいこん ming hun

1件 の用語解説(冥婚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冥婚
めいこん
ming hun

かつての中国で行われていた婚姻の特殊な一形態。冥配,陰親,娶鬼妻ともいう。死者同士の婚姻をいい,少くとも漢代から存在し,民国に入っても広くみられた風習。男子は独身でも成年に達し死亡すれば祖先の墳墓に葬られるが,なるべく夫婦一緒の形を整えようとするために冥婚が行われ,また特に未婚かつ未成年の死亡者は祖墳に入る資格がないので,これを冥婚によって人為的に成年として祖墳に葬らせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の冥婚の言及

【亡霊婚】より

…生まれた子は,この同棲者ではなく死者の子としての権利・義務をもつ。旧中国でも死後婚は〈冥婚〉と称され,さまざまな形で行われていた。夭折者どうし,あるいは婚約者が死亡して残された女子がそのまま彼の家に嫁入りする場合もあるが,最も盛んなのは未婚女子の霊を嫁入りさせる〈嫁殤(かしよう)〉ないし〈娶鬼妻〉である。…

※「冥婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

冥婚の関連キーワード節会相撲至急電報特殊取扱電報南支追尾電報配達記録郵便強飯式絽刺し婚姻の秘跡武家相撲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone