冥衆(読み)ミョウシュ

大辞林 第三版の解説

みょうしゅ【冥衆】

〘仏〙 人の目に見えない、鬼神や閻魔王えんまおうのような諸神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐しゅ ミャウ‥【冥衆】

〘名〙 仏語。
① 鬼神・閻魔王のような、人の目には見えない諸天・諸神
※玉葉‐寿永三年(1184)六月二八日「賊首縦成此思、冥衆因茲引彼不是」
※太平記(14C後)一二「王城の八方に人形を埋み冥衆(ミャウシュ)を祭り、菅丞相を呪咀し給けれど」
② 冥界の一般庶民。特に地獄の鬼をいう。
愚迷発心集(1213頃)「閻魔の誡に預り、冥衆の責を蒙らん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android