こいぬ座(読み)こいぬざ(英語表記)Canis Minor

翻訳|Canis Minor

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こいぬ座
こいぬざ / 小犬座

冬の南の中天高くに見える星座。天の川を挟んでおおいぬ座と向かい合っている。目をひくのは0.4等星のプロキオンと3等のβ(ベータ)星の二つだけのため、星の配列から小犬の姿を想像するのはむずかしいが、プロキオンが、オリオン座のベテルギウスとおおいぬ座のシリウスとで形づくる「冬の大三角」の目印となっている。プロキオンはギリシア語で「イヌの前に」という意味で、おおいぬ座のシリウスの先駆けとして昇ってくるところからきた名前である。距離は11.4光年で、距離が知られている恒星のなかでは15番目に地球に近い。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android