コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷帯夏雨気候 れいたいかうきこうDw climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷帯夏雨気候
れいたいかうきこう
Dw climate

ウラジーミル・P.ケッペン気候区分で Dwに相当する気候。亜寒帯夏雨気候ともいう。最寒月の平均気温が-3℃以下,最暖月の平均気温が 10℃以上で,夏の最多雨月の降水量が冬の最寡雨月の 10倍以上である地方の気候。中国東北部からシベリアにかけて分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れいたいかう‐きこう【冷帯夏雨気候】

ケッペンの気候区分による冷帯気候の一。符合はDw。夏は海からの季節風で降水量が多いが、冬は高気圧に覆われて乾燥し寒さが厳しい。朝鮮半島北部・中国東北部・東シベリアにみられる。ジャガイモライ麦などが栽培され、タイガを利用した林業も盛ん。冷帯冬季少雨気候。亜寒帯夏雨気候。
[補説]気温によってDwa・Dwb・Dwc・Dwdに分ける場合がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷帯夏雨気候
れいたいなつあめきこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

冷帯夏雨気候の関連キーワード亜寒帯冬季少雨気候ウラジーミル亜寒帯気候

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android