(読み)つばくむ

精選版 日本国語大辞典の解説

つばく・む【凸】

〘自マ四〙 (「つはくむ」とも) つき出ている。高くなっている。また、くいちがう。凹凸がある。
※彌勒上生経賛平安初期点(850頃)「世尊の斉は厚くして、窊みてもあらず亜(ツハクミ)てもあらず」

とつ【凸】

〘名〙 つきでること。もりあがること。なかだか。〔工学字彙(1886)〕

でこ【凸】

〘名〙
① 突き出ていること。また、そのもの。凹(ぼこ)に対していう。
② 突き出た額(ひたい)。また、その人。おでこ。
※雑俳・千枚分銅(1704)「でこでことなぶればでこで請流し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android