コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野原 おおのはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大野原
おおのはら

香川県西端,観音寺市南部の旧町域。三豊平野の南端にあり,愛媛県と徳島県に接する。 1955年大野原村,萩原村,五郷村の3村が合体して町制。同年紀伊村の一部を編入。 2005年観音寺市,豊浜町と合体して観音寺市となった。平野部や丘陵地にはため池が点在し,米作のほか,タマネギ,レタス,ミカンなどを栽培する。柞田川 (くにたがわ) 流域には萩原寺や五郷山公園があり,また上流の豊稔池,五郷ダムは三豊平野南部の灌漑用水源となっている。南部の徳島県境には日本有数の長さのロープウェーがかかる雲辺寺山がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大野原
おおのはら

香川県西部、三豊(みとよ)郡にあった旧町名(大野原町(ちょう))。現在は観音寺(かんおんじ)市の中南部を占める一地区。讃岐(さぬき)山脈の北斜面に位置し、北西部は瀬戸内海に臨む。1955年(昭和30)大野原、萩原(はぎわら)、五郷(ごごう)の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)観音寺市に合併。JR予讃(よさん)線(駅は隣接する観音寺市豊浜町姫浜にある)、高松自動車道(大野原インターチェンジ)、国道11号、377号(金毘羅(こんぴら)街道)が通じ、曼陀(まんだ)トンネルによって徳島県とも結ばれる。讃岐山脈から流れる柞田(くにた)川のつくった扇状地は水に乏しく、地名のとおり大野原の荒れ地であったが、江戸時代に平田与一左衛門らにより井関池が築造され、溜池灌漑(ためいけかんがい)による豊かな農地に生まれ変わった。稲作のほか、タバコ、レタスを栽培し、ミカンの栽培面積も多い。1987年、雲辺寺ロープウェイが開通。四国八十八か所の第66番札所、雲辺寺(うんぺんじ)への参拝を便利にするとともに、雲辺寺山は観光地としてあらためて注目されている。[稲田道彦]
『『大野原町誌』(1956・大野原町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大野原の関連キーワード神栖市歴史民俗資料館香川県観音寺市豊浜(香川県)谷口 弥三郎東彼杵(町)観音寺(市)中井 虎男萩原佐伝次関田宗太郎香川(県)東彼杵町伊豆諸島戸ノ口原タイヨー雲辺寺

大野原の関連情報