出雲の神(読み)イズモノカミ

大辞林 第三版の解説

いずものかみ【出雲の神】

〔毎年10月に全国の神が出雲に集まって、氏子の間の縁結びを相談するという俗信から〕 縁結びの神。 「 -よりえびすの紙(=恋ヨリ紙幣)」
出雲大社の祭神。大国主神おおくにぬしのかみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いずも【出雲】 の 神(かみ)

① 出雲大社の祭神。大国主命(おおくにぬしのみこと)
※日本書紀私見聞(1426)「伊勢国風土記に云はく、伊勢と云ふは、伊賀の安志の社に坐す神、出雲神の子、出雲建子命又の名は伊勢都彦命、又の名は櫛玉命なり」
② (全国の神々が毎年一〇月、出雲に集まって氏子男女の縁結びの相談をするという伝説から) 男女間の縁結びの神。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)二幕「かう入り組んだ筋合を結び合すは出雲の神も芝居の作者と同じだ」
③ (②から転じて) 仲人(なこうど)
※商品としての文学(1931)〈杉山平助〉「今日の仲買人は詩人と読者を結びつける出雲(イヅモ)の神みたいなものとなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出雲の神の関連情報