コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分割所有権 ぶんかつしょゆうけんgeteiltes Eigentum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分割所有権
ぶんかつしょゆうけん
geteiltes Eigentum

封建社会,特に中世ドイツに典型的にみられる所有権の形態。1個の客体について,性質の異なる所有権 (上級所有権,下級所有権) が併存する場合をいう。封主ないし領主の地代,小作料などを徴収する権利と,封臣ないし領民の耕作権,利用権などはともに所有権の一部分であり,単独に譲渡,相続しうるものとされた。前者を上級所有権,後者を下級所有権と呼ぶ。日本でも,かつてこれに類するものが存在しており,底土権 (底地持) ,上土権 (上地持) などの名称で上級所有権 (者) と下級所有権 (者) が区別された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

分割所有権【ぶんかつしょゆうけん】

土地に対する支配権を,優劣のない二つのものに分け,一方は耕作権他方は貢納徴収権とし,前者を上級所有権,後者を下級所有権とする場合に,これらの権利を分割所有権という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

分割所有権の関連キーワード一田両主制封建社会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android