コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刑部姫 おさかべひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

刑部姫 おさかべひめ

姫路城の天守閣にまつられた地主神
播磨(はりま)(兵庫県)姫路の城主池田輝政が城内にまつったとされている。地主神とも刑部大明神ともいう。のちに妖怪とむすびつけられ,老女古狐の姿でえがかれる。江戸時代中期ごろ歌舞伎などで上演されひろまった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

刑部姫

兵庫県の姫路城の天守閣に祭られている城の地主神といわれる。伝説では,天守閣に棲む妖怪とみなされる老女であり,築城の際に人柱となった女の変化とみられている。各地の人柱伝説では,築城や架橋の際に女性が埋められ,のちに神に祭られたと説明されている。刑部姫がいるという天守閣には,人は近づいてはならないとされ,ただ年に1回だけ,城主が対面を許されたという。築城以前に,この地域が聖地であり,土地の神が,そのまま地主神として,城の守護神に昇化したが,その霊異が強調されて禁忌が成立したと推察される。おさかべは,このあたりでは青大将(蛇)をさしており,原型は大蛇が地主神として崇拝されたものである。

(宮田登)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

刑部姫の関連キーワード新古演劇十種長壁姫播磨

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android