コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刳り形/繰(り)形 クリカタ

デジタル大辞泉の解説

くり‐かた【×刳り形/繰(り)形】

用材にくってあけた穴。衝重(ついがさね)・三宝(さんぼう)などの下にあけた穴。山形・丸形・州浜(すはま)形などがある。
建物・家具・器物などの装飾で、部材をくって曲面にした部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くりかた【刳り形】

建築・建具・家具で、えぐって装飾としたもの。
三宝さんぼう・衝重ついがさね・文箱の蓋などにみられる、くりあけた穴、または、くぼみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刳り形/繰(り)形の関連キーワード用材三宝州浜衝重さね建具栗形文箱

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android