コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刳り形/繰(り)形 クリカタ

デジタル大辞泉の解説

くり‐かた【×刳り形/繰(り)形】

用材にくってあけた穴。衝重(ついがさね)・三宝(さんぼう)などの下にあけた穴。山形・丸形・州浜(すはま)形などがある。
建物・家具・器物などの装飾で、部材をくって曲面にした部分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くりかた【刳り形】

建築・建具・家具で、えぐって装飾としたもの。
三宝さんぼう・衝重ついがさね・文箱の蓋などにみられる、くりあけた穴、または、くぼみ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

刳り形/繰(り)形の関連キーワード用材三宝州浜衝重さね建具栗形文箱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android