コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制挙 せいきょ

大辞林 第三版の解説

せいきょ【制挙】

中国、唐代以降、天子の制勅により推挙された人材に、天子自ら作成の試験を課して官吏を登用した制度。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいきょ【制挙 zhì jǔ】

旧中国における官吏登用試験の一つ。制科とも言う。科挙は多くの志願者の中から,比較的優れた人材を抜擢するのに対し,制挙は,臨時に天子が制詔を発し,中央地方の大官をして在官在野を問わず,非常特別の人材を推薦させ,天子みずからその作成した答案を審査して採否を定める。その科目に,賢良方正の科,孝悌力田の科,経学優深の科など種々あった。同じ制度は漢以来存在したが,唐以後特にこれを制挙と呼んで科挙と区別する。【宮崎 市定

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone