(読み)せいする

精選版 日本国語大辞典「制」の解説

せい‐・する【制】

〘他サ変〙 せい・す 〘他サ変〙
① おきてなどをきめる。制定する。
※神皇正統記(1339‐43)上「仍(よりて)文字を制するにも日月を明とすと云へり」
② 人があることをしようとしているのをおさえとめる。また、気持などをおしとどめる。おさえる。
※竹取(9C末‐10C初)「月かほ見るは忌むこととせいしけれ共」
※平家(13C前)一〇「大将軍参河守あれせいせよ、とどめよと宣へば」
③ おさめる。支配する。意のままにする。意に従わせる。
※太平記(14C後)一三「先(さきん)ずる時は人を制(セイ)するに利有りとて」
※読本・雨月物語(1776)吉備津の釜「禽(きん)を制(セイ)するは気にあり、婦を制(セイ)するは其夫の雄々しきにあり」
④ ほどよくする。調和を保つようにする。節制をする。節する。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「蓋し人の志を立て行を制するは」

せい【制】

〘名〙
① のり。おきて。さだめ。制度。法度。禁制
※宇津保(970‐999頃)国譲下「同じ色の青、御馬ぞひ四人、せいありて、学僧とむ御前四人」
※栄花(1028‐92頃)暮待つ星「内の御心、いとめでたくあるべかしく、すぐすぐしうさへありて、せいも厳しくなどぞ、おはしましける」 〔春秋左伝‐隠公元年〕
天子のおおせごと。制詔。また、領主、支配者の命令。君命。下知。
※続日本紀‐和銅七年(714)四月戊寅「制。諸国庸綿。丁五両。但安芸国絲。丁二両」 〔史記‐始皇本紀〕
③ おさえること。おしとどめること。制止
※宇津保(970‐999頃)こそ「忠こそ、まろがせいに従ふべくもあらねばなん、しのびて奏する」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「居乍らにして阿容々々(おめおめ)と制(セイ)を受くべきときにあらず」
⑤ ほど。程度。分限。

せい‐・す【制】

[1] 〘他サ変〙 ⇒せいする(制)
[2] 〘他サ五(四)〙 =せいする(制)
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉三「かの地は我国にていふきんちゃく切ごまのはいのたぐひおほくあり〈〉ゆゑに英人これをせいさんとポリスといふ役名をあてて市中を見まはらしかのぞくをふせぐよしなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「制」の解説

せい【制】[漢字項目]

[音]セイ(漢)
学習漢字]5年
形を作り整える。「制作編制
おさえつける。おさえとめる。「制圧制限制止制動制約圧制規制強制牽制(けんせい)自制節制統制抑制
秩序づける枠。きまり。「制度制服王制学制旧制体制法制
天子の命令。「応制
意のままにする。「制球制覇制海権
[名のり]いさむ・おさむ・さだ・すけ・ただ・のり

せい【制】

きまり。おきて。制度。「外国のにならう」
天子の命令。支配者の命令。
おしとどめること。制止。
「まろが―に従ふべくもあらねばなむ」〈宇津保・忠こそ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「制」の解説

せい【制】

文書様式の一つ。中国においては皇帝の発令する正式の文書の一つで,これは日本古代の詔書に相当する。しかし日本の公式令には,書は定められているが制書は見えない。したがって制は,日本においては正式の文書ではないが,六国史等には数多く見られる。これらの制の中には,法令の制定という一般的な意味や,あるいは詔と同じ意味で用いられている場合があるが,そのほか一定の傾向として,いわゆる太政官処分を指して用いられる場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android