前原寅吉(読み)まえはら とらきち

  • 前原寅吉 まえはら-とらきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1872-1950 明治-昭和時代前期の天文研究家。
明治5年生まれ。生地の青森県八戸で時計商をいとなむ。平山信に私淑し天体観測をつづけ,太陽黒点の変化をしらべて明治43年ハレー彗星の太陽面通過を確認。同年,白瀬矗(のぶ)の南極探検隊に星座時計をおくった。日本天文学会特別会員。昭和25年死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android