コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山信 ひらやま まこと

5件 の用語解説(平山信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山信 ひらやま-まこと

ひらやま-しん

平山信 ひらやま-しん

1867-1945 明治-昭和時代前期の天文学者。
慶応3年9月生まれ。イギリス,ドイツに留学して天体物理学を研究。明治28年帝国大学教授。大正8年第2代の東京天文台長となり,同天文台を麻布(あざぶ)から三鷹へ移転させ,施設の拡充につとめた。小惑星2個を発見した。昭和20年6月2日死去。79歳。江戸出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

平山信【ひらやままこと】

天文学者。東京の生れ。1888年(明治21年)東京帝国大学星学科卒業,東京天文台の整備および移転,水沢緯度観測所の創立に尽力。小惑星に関する研究に業績がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ひらやましん【平山信】

1867~1943) 天文学者。江戸の生まれ。1902年(明治35)に小惑星を二個発見したほか、東京天文台長として施設の充実や編暦、報時事業などの整備に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平山信
ひらやましん
(1868―1945)

天文学者。東京に生まれる。1888年(明治21)帝国大学理科大学星学科の第1回卒業生となる。1890年にグリニジおよびポツダムに留学し、フォーゲルの下で天体写真術および天体物理学を研究した。4年後帰国して母校の教授となり、1919年(大正8)寺尾寿(てらおひさし)教授の後任として東京天文台第2代台長に就任。1921年それまで理学部附属であった同天文台を大学直轄の附置研究機関となし、東京麻布(あざぶ)から三鷹(みたか)へ移転させ、体制と設備とを拡充するとともに、国際天文学連合、国際測地連合、学術研究会議、帝国学士院などに参画し、緯度観測所、国際報時所の開設に尽力した。1933年星野(せいや)写真から小惑星2個を発見、それらはトウキョウおよびニッポニアと命名された。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平山信の関連キーワード池上清定倉知誠夫上坂熊勝藤堂高成橋本実穎三井高堅三宅速武藤虎太矢川ミキ矢川れん

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平山信の関連情報