コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前庭神経炎 ぜんていしんけいえん Vestibular Neuronitis

1件 の用語解説(前庭神経炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぜんていしんけいえん【前庭神経炎 Vestibular Neuronitis】

[どんな病気か]
 激しいめまいが突然、おこる病気です。
 めまいがおこる1週間くらい前に、かぜをひいていることもあります。
[症状]
 激しいぐるぐるめまいだけで、耳鳴(みみな)りや難聴(なんちょう)などの症状はまったくないのが特徴です。寝ていても起きていても、何をしてもめまいの強さは変わらず、止まることもありません。激しいめまいが1日以上も続くので、死ぬのではないかと思うほどですが、命を落とすことはありません。
 その後、日がたつにつれ、めまいはだんだん弱くなり、ふらふらめまいに変わります。ふつう、1か月もすれば社会復帰できますが、ときに数か月以上も続くことがあります。
[原因]
 ウイルスが感染し、平衡(へいこう)をつかさどる前庭神経(ぜんていしんけい)が障害を受けるのが原因といわれていますが、いつもウイルス感染が証明できるとはかぎらず、確かなことはまだ不明です。
[検査と診断]
 耳の中に水を入れる検査温度眼振検査(おんどがんしんけんさ))を行なうと、悪くなっているほうの耳の反応が低下しています。
 聞こえをつかさどる蝸牛神経(かぎゅうしんけい)は障害を受けていず、聴力検査(ちょうりょくけんさ)は正常です。
 MRIを行なうと、前庭神経に異常が見つかることもあります。
[治療]
 重曹水(じゅうそうすい)、抗めまい薬、吐(は)き気(け)止め、抗不安薬、循環改善薬(じゅんかんかいぜんやく)、ビタミン剤を点滴(てんてき)か内服で使い、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬を使うこともあります。
 バランス感覚は、運動したほうが早く回復します。立って歩けるようになったら、安静にしているよりも積極的に動き回るようにしましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典内の前庭神経炎の言及

【メニエール病】より

…しかし,めまいを起こす病気をすべてメニエール症候群というと,いろいろな病気が含まれてしまう。たとえば,1回だけの発作で,かなり高度な難聴となり,激しいめまいを起こす突発性難聴,耳鳴り,難聴などは伴わないが激しいめまい発作を1回だけ起こす前庭神経炎,さらには,めまいとともに,物が二重に見える(複視),うまくしゃべれない(言語障害),意識を失うなどの脳の神経の症状を伴う脳幹や小脳の病気まで,メニエール症候群となってしまう。したがって今日では,典型的なメニエール病は厳密に区別され,くりかえすめまい発作に必ず耳鳴り,難聴を伴い,脳の病気から生ずる神経の症状はまったくない内耳の病気に対してのみ,メニエール病の診断がつけられている。…

【めまい】より

…また内耳の異常は,自律神経にも伝えられ,心臓がどきどきしたり,冷や汗がでたり,吐き気がして吐いたりする。このような内耳の病気が原因で起こるめまいには,メニエール病のほかに,発作性頭位眩暈,突発性難聴,前庭神経炎などと呼ばれる病気がある。発作性頭位眩暈は,内耳の前庭の中にある耳石器の障害で起こることが多く,その特徴は頭や身体の位置を変えたとき,すなわち急に寝たり起きたりしたり,寝返りをうったりしたときにだけ起こるめまいである。…

※「前庭神経炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

前庭神経炎の関連キーワードくらりドンマイ何心地不死身発作的忠実忠実しい目紛らしい病は気から吹雪く目紛るしい

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前庭神経炎の関連情報