コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聴力検査 ちょうりょくけんさ

百科事典マイペディアの解説

聴力検査【ちょうりょくけんさ】

音をきき取る能力の測定。純音聴力検査は純音オーディオメーターにより純音の可聴閾値を求めるもので,聴力損失は,正常最小可聴限を基準(0デシベル)として被検者の最小可聴限をデシベル単位で表す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

聴力検査

様々な周波数の音を聞かせることで行う検査。最も弱い音で聞くことのできる値を算出することにより、聴力障害の有無を判定する。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうりょくけんさ【聴力検査 audiometry】

聴覚検査ともいい,〈きこえ〉の能力を測定する検査をいう。耳の遠い人について,難聴の程度と性質を測定することにより社会生活上における適応能力をはかり,また難聴の原因を診断する目的をもって行われるが,今日,きわめて重要な検査となっている。検査音には厳密に規定された純音および語音雑音などが使用され,方法には被検者の応答による自覚的検査と生体電気現象などを応用した他覚的検査がある。また特殊な方法として,音の与え方をくふうした幼児聴力検査,および学童,騒音環境下の作業者を対象とした選別聴力検査などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聴力検査
ちょうりょくけんさ

大きく二つに分類できる。一つは耳の聞こえの程度を検査するものであり(狭義の聴力検査)、他の一つは耳の聞こえ方を調べ、それによって難聴をおこしている病巣部位を診断するもの(診断用聴力検査)である。音叉(おんさ)や肉声を用いることもあるが、通常はオーディオメーターを用いる。
 狭義の聴力検査では、種々の周波数の純音を用いて、どれくらい小さな音の強さまで聞こえるか(最小可聴域値)を測定することが多い(純音域値検査法)。しかし、日常の生活に必要な会話がどれくらい聞こえるかを知るためには会話音を用いた検査がよい。そのためには種々の会話音を録音しておき、それを再生しオーディオメーターを通して、音の強さを一定にして検査する(語音聴力検査)。語音の強さをしだいに小さくして、どの強さまで聞こえるかを測定する方法(語音域値検査)と、種々の語音を十分聞こえる強さで聞かせ、正しく聞こえるのが何%かを測定する方法(語音明瞭(めいりょう)度検査)とがある。そのために日本ではオーディオロジー学会で決められた語音表を使用するのが普通である。補聴器が適しているか否かを知るのにはこのような検査がよい。
 診断用聴力検査の種類はたくさんあるが、代表的なものをあげると、一つは骨を通って伝わる音を用いた骨導検査により伝音難聴と感音難聴を区別する。また、感音難聴のなかで、音の強さのわずかの変化を感知できるのは内耳性難聴、異常な順応を示すのが後迷路性難聴、方向感覚検査により中枢性難聴などを診断できる。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

聴力検査の関連キーワードインピーダンス・オージオメトリー心因性難聴(ヒステリー性難聴)純音オーディオメーター補聴器の選び方、使い方騒音性難聴/音響外傷子どもの滲出性中耳炎子どもの音声障害子どもの言語障害総合健診センターデフリンピックメニエール病外耳道閉鎖症滲出性中耳炎言語発達遅延突発性難聴耳管狭窄症前庭神経炎老人性難聴聴神経腫瘍薬剤性難聴

聴力検査の関連情報