前田一(読み)まえだ はじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田一 まえだ-はじめ

1895-1978 昭和時代の財界人。
明治28年3月25日生まれ。大正10年北海道炭礦汽船に入社,労務畑をあゆむ。昭和23年日経連の発足で専務理事に就任。30年代には総評議長太田薫とわたりあうなど,44年の退任まで日経連をリードした。昭和53年5月2日死去。83歳。佐賀県出身。東京帝大卒。愛称は前一(まえぴん)。
【格言など】経営者よ,正しく強かれ(戦後激化する労働運動に対するスローガン)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の前田一の言及

【日本経営者団体連盟】より

…70年から生産性基準原理(物価高騰防止のため賃金上昇率を労働生産性の伸び率の枠内にとどめること)を提唱し,75年以来毎年報告書で徹底を期している。創立以来21年間専務理事を務めた前田一(1895‐1978)は《サラリーマン物語》(1927)で〈サラリーマン〉という言葉を定着させた人物でもあるが,毎年の日経連総会での労働情勢報告は的確な数字と広い識見を織り込んでいると評価され,また1950年代半ば以降は総評の太田薫議長と好対照の財界を代表するスターであった。しかし組合対策だけが日経連の主要活動ではない。…

※「前田一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前田一の関連情報