コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田多門 まえだ たもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田多門 まえだ-たもん

1884-1962 明治-昭和時代の官僚,政治家。
明治17年5月11日生まれ。内務省勤務から東京市助役となり,東京朝日新聞論説委員,新潟県知事,貴族院議員を歴任する。戦後,東久邇(ひがしくに)内閣,幣原(しではら)内閣の文相となるが公職追放。のち日本育英会,日本ILO協会などの会長をつとめる。昭和37年6月4日死去。78歳。大阪出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

前田多門の関連キーワード明るい選挙推進協会前田陽一(1)E. モリス神谷 美恵子神谷美恵子昭和時代明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前田多門の関連情報