コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン
ふくじんひしつしげきほるもんほうしゅつほるもん

副腎皮質刺激ホルモン(略してACTH)の分泌を促進するホルモンで、コルチコトロピン放出ホルモン(CRH)とよぶことがある。CRHは脳の視床下部の神経細胞でつくられ、正中隆起へ伸びた神経細胞突起の先端に蓄えられている。開腹手術、騒音、強度の照明、ホルマリンやエーテルの吸入、バソプレッシン、エピネフリン、ヒスタミンなどの注射によるストレスに反応して、下垂体門脈血中に放出され、下垂体前葉のACTH産生細胞に直接作用して、ACTHの分泌を促進する。CRHは、ヒツジやラットでは41個のアミノ酸残基からなるポリペプチドであることが、1980年代に入ってから確認された。またCRHは、下垂体後葉と下垂体茎にも高濃度に含まれている。[小林靖夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンの関連キーワードホルモン(内分泌)のしくみとはたらきホルモン放出ホルモン視床下部ホルモン副腎皮質

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android