副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン
ふくじんひしつしげきほるもんほうしゅつほるもん

副腎皮質刺激ホルモン(略してACTH)の分泌を促進するホルモンで、コルチコトロピン放出ホルモン(CRH)とよぶことがある。CRHは脳の視床下部の神経細胞でつくられ、正中隆起へ伸びた神経細胞突起の先端に蓄えられている。開腹手術、騒音、強度の照明、ホルマリンやエーテルの吸入、バソプレッシン、エピネフリン、ヒスタミンなどの注射によるストレスに反応して、下垂体門脈血中に放出され、下垂体前葉のACTH産生細胞に直接作用して、ACTHの分泌を促進する。CRHは、ヒツジやラットでは41個のアミノ酸残基からなるポリペプチドであることが、1980年代に入ってから確認された。またCRHは、下垂体後葉と下垂体茎にも高濃度に含まれている。

[小林靖夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例