コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉伶 リュウレイ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐れい〔リウ‐〕【劉伶】

中国、晋代の文人。沛(はい)(安徽(あんき)省)の人。字(あざな)は伯倫。酒を好み、礼法を蔑視する生活を送った。竹林の七賢の一人。著「酒徳」など。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうれい【劉伶】

中国、西晋しんの思想家。字あざなは伯倫。竹林の七賢の一人。酒を好み、「酒徳頌」を著した。建威参軍となる。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉伶
りゅうれい

生没年不詳。中国、三国魏(ぎ)から晋(しん)にかけての文人。221年ごろから300年ごろまで在世した。字(あざな)は伯倫。沛国(はいこく)(江蘇(こうそ)省)の人。老荘思想に基づく反礼(れい)教的な自由人のグループ「竹林の七賢」の一人。建威参軍になったこともあるが、無為にして無用の意義を説き、不安定で殺伐とした王朝交代期に、自由気ままな酒びたりの生活を送った。「酒徳頌(しょう)」は、酒びたりの自画像を通して、老荘的自由を論じ、礼教に束縛された世俗を笑う。いつも酒を飲みつつ、死ねばその場に埋めよと従者に鋤(すき)を担がせていたなど、酒にまつわる逸話が多い。[成瀬哲生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の劉伶の言及

【七賢人】より

…ローマ帝国時代には,個々の賢人や七賢人全員の肖像をモザイクや壁画に描くことが流行した。【藤縄 謙三】(2)中国,三国の末期,放達の行為で知られた7人の自由人,すなわち阮籍(げんせき),嵆康(けいこう),山濤(さんとう),王戎(おうじゆう),向秀(しようしゆう),阮咸(げんかん),劉伶(りゆうれい)。一般に〈竹林の七賢〉とよばれるのは,嵆康の郷里の山陽(江蘇省淮安県)の竹林にあつまって酒をくみかわし,談論にふけったからである。…

※「劉伶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

劉伶の関連キーワード思想家鶏肋

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android