七賢(読み)シチケン

  • 七賢(しちけん)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

山梨の日本酒。酒名は、天保6年(1835)に信州高遠城主・内藤駿河守より「竹林七賢人」の欄間を贈られたことにちなみ命名。「甲州本造り」は常温や燗に向くやや辛口の本醸造酒。ほかに純米大吟醸酒、大吟醸酒純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒などをそろえる。平成7、12、19、21、23、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦、五百万石など。仕込み水は南アルプス甲斐駒ヶ岳の伏流水蔵元の「山梨銘醸」は寛延3年(1750)創業。所在地は北杜市白州町台ヶ原。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

山梨県、山梨銘醸株式会社の製造する日本酒。純米大吟醸酒「大中屋(おおなかや)」「の味」、純米吟醸酒「稽康(けいこう)」、純米酒「向秀(しょうしゅう)」、山廃純米酒「白黒」などがある。平成21、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(古く「しちげん」とも)
[1] 〘名〙
① 仏語。小乗の声聞(しょうもん)の修行階位で、見道以前の凡夫位。三賢位と四善根位とを合わせたもの。
※正法眼蔵(1231‐53)道得「七聖十聖の境界にあらず、三賢七賢の覰見(ちょけん)にあらず」
② 七人の賢人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2]
[一] 「論語‐微子」に逸民としてあげられた中国春秋時代の伯夷・叔斉・虞仲・夷逸・朱張・柳下恵・少連。七賢人。〔書言字考節用集(1717)〕
[二] 中国晉代の嵆康(けいこう)・阮籍(げんせき)・阮咸(げんかん)・向秀(しょうしゅう)・劉伶(りゅうれい)・山濤(さんとう)・王戎(おうじゅう)。竹林の七賢。七賢人。七子。
※江吏部集(1010‐11頃)中・閑伴唯琴酒「遮莫諠諠名利士、七賢之外有匡衡」 〔世説新語‐任誕〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七賢の関連情報