劉梅泉(読み)りゅう ばいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

劉梅泉 りゅう-ばいせん

?-1819 江戸時代中期-後期の画家。
長崎の人。唐通事をつとめ,江稼圃(こう-かほ)に清(しん)(中国)の画法をまなぶ。別邸に友をまねいて風流をたのしみ,古賀穀堂,頼山陽との舟遊びは話題となった。江戸では谷文晁親交があった。文政2年8月4日死去。名は邦彦。通称は彦次郎。別姓に游竜(ゆりゅう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android