コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀穀堂 こが こくどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀穀堂 こが-こくどう

1778*-1836 江戸時代後期の儒者。
安永6年12月5日生まれ。古賀精里の長男。江戸で父にまなび,柴野栗山(しばの-りつざん),尾藤二洲(じしゅう)らの影響をうける。郷里の肥前佐賀藩にもどり,弘道館教授。文政2年世子鍋島直正(閑叟(かんそう))の教育係,天保(てんぽう)元年直正が藩主につくと年寄役となる。天保7年9月16日死去。60歳。名は燾(おおう)。字(あざな)は溥卿(ふけい)。通称は修理,太郎右衛門,藤馬。別号に琴鶴堂など。著作に「琴鶴堂詩鈔」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こがこくどう【古賀穀堂】

1777~1836) 江戸後期の儒者。古賀精里の長男。佐賀藩の人。藩主鍋島直正の藩政改革に尽力。著「済急封事」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古賀穀堂
こがこくどう
(1777―1836)

佐賀藩の儒者。安永(あんえい)6年12月5日生まれ。幕府の儒官の古賀精里(せいり)の長子。名は(とう)、字(あざな)は溥卿(ふけい)、通称文太郎、藤馬、別号を清風堂(せいふうどう)、琴鶴堂(きんかくどう)などと称する。初め佐賀で父精里から学業を受け、のち江戸で父の家塾に住み尾藤二洲(びとうじしゅう)、中井竹山(なかいちくざん)らの諸家と交わった。帰藩して教諭に任ぜられ、また藩政に参じて年寄相談役なども務め、藩侯の信任が厚かった。たびたび江戸に住んだが、1835年(天保6)冬に病を得、翌1836年帰郷して9月16日59歳で没した。『琴鶴堂詩鈔(ししょう)』、『穀堂遺稿抄』8巻、『穀堂文集』10巻ほかがある。[黒住 真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

古賀穀堂 (こがこくどう)

生年月日:1777年12月5日
江戸時代後期の儒学者
1836年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

古賀穀堂の関連キーワード西村 謙三西村謙三藩政改革生年月日堀内素堂藤森弘庵劉梅泉

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android