劉禅(読み)りゅうぜん

日本大百科全書(ニッポニカ)「劉禅」の解説

劉禅
りゅうぜん
(207―271)

中国、三国(しょく)の第2代皇帝(在位223~263)。字(あざな)は公嗣(こうし)。劉備(りゅうび)の長男で、幼名は阿斗(あと)、生母は甘夫人(かんふじん)。荊州(けいしゅう)で劉備が曹操(そうそう)に敗れた際には、長坂坡(ちょうはんは)で趙雲(ちょううん)に救われ、九死に一生を得た。219年、劉備が漢中王(かんちゅうおう)になると王太子になり、221年、劉備が即位すると皇太子になった。223年に即位してからは、諸葛亮(しょかつりょう)(孔明(こうめい))に全権を委任し、三国時代の君主のなかで、もっとも長い40年の在位期間を保った。しかし、亮の死後は宦官(かんがん)の黄皓(こうこう)を寵愛(ちょうあい)して国政を乱し、姜維(きょうい)が剣閣(けんかく)で鍾会(しょうかい)と戦っている最中、陰平(いんぺい)郡より侵攻した鄧艾(とうがい)に驚き、譙周(しょうしゅう)の勧めで降服した。五男の北地(ほくち)王劉諶(りゅうじん)は、徹底抗戦を主張したが聞き入れられず、妻子とともに自害した。あるとき、司馬昭(しばしょう)が宴会で蜀の音楽を演奏させると、蜀の旧臣はみな涙を落とした。しかし、劉禅は平然と笑っていた。司馬昭は、「これでは諸葛亮が生きていても国を保つのは無理であろう。まして姜維では」とあきれたという。三国を統一した西晋(せいしん)で安楽侯(あんらくこう)に封建され、天寿を全うした。

[渡邉義浩]

『渡邉義浩著『「三国志」武将34選』(PHP文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の劉禅の言及

【諸葛孔明】より

…221年(章武1),蜀漢国が成立して劉備が帝位につくと,孔明は丞相となって補佐したが,223年,危篤に陥った劉備は後事いっさいを孔明に託して死ぬ。孔明は後主劉禅を補佐することを誓い,ひきつづき丞相として国事を主宰した。彼の目的は魏から中原を奪回して劉氏の漢室を復興することにあり,そのために呉蜀同盟を固め,南は雲南に及ぶ地域の異民族を平定慰撫して後方の不安を除き,物資の補給を容易にしたのち,227年(建興5)から魏に対する北伐に全力をあげた。…

【蜀】より

…昭烈帝と追尊される。223年,荆州を奪った呉との戦いに敗れた劉備が白帝城(四川省奉節県)で病死したあと,丞相の諸葛孔明はその遺志をつぎ,後主劉禅(在位223‐263)を補佐して,南は雲南地方を経営し,北は陝西地方に進出して魏を悩ませたが,234年(建興12)に諸葛孔明が死ぬと,あとは国勢が衰退して,263年,司馬昭に実権を握られた魏の軍隊の侵入を受けて滅ぼされた。三国時代【川勝 義雄】。…

※「劉禅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android