コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤壁の戦い せきへきのたたかい Chi-bi zhi zhan; Ch`ih-pi chih chan

5件 の用語解説(赤壁の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤壁の戦い
せきへきのたたかい
Chi-bi zhi zhan; Ch`ih-pi chih chan

中国,後漢末の建安 13 (208) 年の孫権劉備の連合軍と曹操との戦い。華北をほぼ平定した曹操は,さらに南下しようとして孫権,劉備の連合軍と揚子江の赤壁 (湖北省嘉魚県) で対峙したが,そのとき呉将周瑜の部将黄蓋が火攻めの計で曹操の水軍を全滅させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきへき‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【赤壁の戦い】

中国後漢末期の208年、赤壁において、劉備(りゅうび)孫権の連合軍が曹操の軍を破った戦い。これにより天下三分の形勢がほぼ決まった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

赤壁の戦い

全土統一を目指して南下した曹操軍は、長江の北岸、赤壁で周瑜率いる呉軍に阻まれ、火攻めにあって敗退した。ここから五○年余の“天下三分”期が始まる。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せきへきのたたかい【赤壁の戦い】

中国、後漢末の208年、赤壁で孫権と劉備の連合軍が曹操の大軍を破った戦い。これより天下三分・三国鼎立ていりつの形勢が成立した。 → 三国時代

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤壁の戦い
せきへきのたたかい

中国、後漢(ごかん)末期の208年、曹操(そうそう)と、孫権・劉備(りゅうび)の連合軍とが湖北省嘉魚(かぎょ)県の西にあたる赤壁で行った戦い。袁紹(えんしょう)を討って華北の平定に成功した曹操は、208年丞相(じょうしょう)となり、南下して劉表の領土になっていた荊州(けいしゅう)を攻めた。劉表の子は曹操に降(くだ)り、表の客分であった劉備は、いったん南に逃れたが、諸葛亮(しょかつりょう)(孔明)の活躍で孫権との同盟に成功した。孫権の部下のなかには曹操に降伏しようと説く者もあったが、周瑜(しゅうゆ)、魯肅(ろしゅく)が孫権に、劉備と同盟して荊州を占領することを勧めたのである。孫権の武将黄蓋(こうがい)は火攻めの計を案出し、鎖でつないだ曹操の軍艦に火をかけ焼き払った。そして陸に逃げた曹操の軍は関羽(かんう)の軍に破られ、さらに疫病も流行していたので曹操は北に帰り、天下三分のもとがつくられた。[狩野直

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤壁の戦いの関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤壁の戦いの関連情報