コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加倉井松山 かくらい しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加倉井松山 かくらい-しょうざん

1764-1828 江戸時代後期の儒者。
宝暦14年5月3日生まれ。立原翠軒(たちはら-すいけん),のち江戸で山本北山に師事し,常陸(ひたち)(茨城県)成沢村に帰郷して著述に専念。のち陸奥(むつ)平藩(福島県)につかえた。文政11年5月12日死去。65歳。名は忠珍(ただはる)。字(あざな)は子弥。通称は弥太郎。別号江水など。著作に「啓蒙新語」「女誡新註」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加倉井松山の関連キーワード加倉井砂山儒者

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android